バスクを外し、後ろから2本目のボーンの辺りを持ちます。


やさしく両手を交互に上下に動かすと、だんだん編み上げの部分の幅が広がっていきます。

自分のウエストよりも大きくなるように、十分に広げます。
こうすることで生地への負担が減り、傷みにくくなります。

ウエストにあて、バスクを留めます。


編み上げの真ん中あたりにある、輪になっている部分を持ち軽く引っぱります。これである程度締めることが出来ます。

左右のリボンが交差している所を引っぱって締めてゆき、全体の調整をします。
慣れていない方は、鏡を見ながら行うとスムーズにできます。


最後にまた真ん中の輪を引っぱり締めてください。

輪の部分を蝶結びにして完成です。
この時、全てのリボンの長さを揃えるようにすると綺麗なバランスになります。



※生地への負担を減らす為、編み上げ部分を十分に広げてから外してください。

アビエタージュのコルセットは、軽く締めただけでも綺麗なくびれのラインが出るように作っています。
コルセット着用の際は無理にギュウギュウ締めるのではなく、ご自分に合った無理のない範囲で締めてください。